« 宇部日報(第35回日報杯山口県名人戦)に棋譜が載るの巻 | トップページ | はじめての“0”点 »

第39回朝日アマ名人戦山口県予選に行ってきた!

  どーもです。two


第39回朝日アマ名人戦山口県予選に行ってきた!


★第39回朝日アマ将棋名人戦山口県予選

✳︎参加資格は山口県在住のアマチュア
□日 時:平成27年11月8日(日)午前10時開始
□会 場:宇部市シルバーふれあいセンター
□参加費:A級(代表戦) 2,000円 B級 1,500円
     C級・大学生以下 1,000円
□競 技:A級とB級とC級に分かれて各級スイス式
     トーナメント戦を行います。
     レーティング対象
□賞 品:ABC各級8位まで
□申込み:当日会場受付
□その他:A級の県代表2名は中国大会(1/11広島)へ



  久しぶりの大会で感覚が鈍っている今日この頃。

9月の団体戦以来の大会。

  今回の大会では、スイス式&レーティングが行われるとのこと。

山口県の大会ではめずらしい。ともかく5局戦うことに。

  もちろん、B級リーグに参加。参加人数は30人だ。

  諸々のB級の達人たちが集っている。今回も試練の大会だ。dash

01
02
03
04

  A級、C級を合わせると約80名の参加。


  ちなみにこの大会の賞品は


beerビールbeerと小川蜜カスのお菓子。(たぶん、カステラrestaurant


【1~4位;一番搾り6本&カステラ、5~8位;淡麗・生6本】
Photo
【ゴージャス!!!】
01_2

  以前、書いたがオレには変なジンクスがあって、ビールが賞品に出る

大会は勝てないというもの。
そろそろ、このジンクスを打破すべく、勝負!!!


●第1局目●

  Hさんと対局。きっと何度か指したような覚えがあるが記憶が不鮮明。

でも、そんなの関係ない。勝てばいい。

  オレ先手中飛車VS後手三間飛車

中盤ミスってしまい、劣勢に。粘りに粘って、オレが入玉して逃げ切れるか

どうかの勝負。そして、相手の時間は約3分程度。オレは余裕の20分の

残り時間。これは勝負は勝てないけど、時間切れ負けにさせて、勝つこと

を選択。素早く指して、相手を翻弄させようと思った。

バシバシと指したのがいけなかった・・・。

Photo_2

  この局面は感想戦の後ですが、実は▲2四香ではなく、本譜は▲2四歩。


  痛恨の二歩。あ~。(´;ω;`)ウウ・・・


  やはり、つまらんジンクスは生きていたのかぁ~と嘆きまくり。


  二歩で負けるのは、2年に1回くらいかな~。やっちまった。

受付の片山氏になんで負けたの?と言われ、二歩で・・・と言えなかったオレ。

人のことをとやかく言っている場合ではなかった。片山氏に嘘つきました・・・。

  crying人生に投了です。down

  やる気をなくしたまま、第2局目へ。


○第2局目○  

  この対局もオレ先手中飛車VS後手三間飛車の内容に。

しかし、中盤。相手のポカ(飛車が△3四飛→△4四飛へ移動、オレの角の

ラインでタダ。)であっという間に優勢に。相手は地獄絵図の様相に。

(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

  ほぼ全駒の勢いで圧勝。

○第3局目○

  よく当たるS藤さんと対局。先日の団体戦で当たり、快勝しているが、

油断はできない。気を引き締めて、オレ先手中飛車VS後手中飛車

序盤オレの作戦ミスで劣勢になったのだが、相手が決め手を逃し、

最後は即詰みに打ち取る。内容は完敗だった。



○第4局目○

 若いお兄さんと対局。オレ先手中飛車VS後手居飛車穴熊

 例によって、開発中の“藤井システム風穴熊退治”で、玉のコビンを攻め

続け、相手に完勝。

Photo_3

  あと、1つ。あと1つ勝たねば、ビール圏内beerに入らんぞ~と気合を入れる。



○第5局○

 A貞少年(弟?たぶん)と対局。最近、この兄弟も急速に力をつけている

若手のホープpencilだ。しかし、少年にビールを渡す訳にはいかん。sweat01

老練なオッサンの術中を見せ、完勝せねばと思った。

   先手居飛車急戦VSオレ中飛車

   押したり、引いたりの攻防が続いていた。それが下記の図。

オレの決め手が出た。

5

  ▲5二飛と打たれ、金と銀の両取り。△4二桂と打とうかと思ったが、

▲5一飛成で受けが難しい。


  よって、△4一金と打った。


  ▲5四飛成と銀を取れば、△6三角打ちで、龍と銀の両取りで、

なんとか凌げるのではと踏んでいた。

  しかし、A貞少年は▲5三飛成とひねってきた。

  すかさず、オレは△5一香打ちで龍を殺した。以下、▲5四龍△同香と

進み、馬で飛車をいじめながら、△5三馬と戻り、端攻めを敢行し、

快勝。

  感想戦では、▲5二飛ではなく、▲5一飛で、どうやらオレの負けだった

ようだ。両取りには罠があった。


  よって、4勝1敗で、beerビールbeer圏内確定。


  これで、つまらんジンクスを打ち破った。えらい!!!

と思ったが、1局目の二歩はいただけない。反省するサルgemini以下。


  優勝はもちろん、5戦全勝の方。残りは4勝1敗が5名(2~6位)で

くじ引きとなった。賞状は3位までなので、是非とも賞状も持って帰りたい。

B01






  結果は・・・     4位    の   くじ。


一番搾り6本&カステラ(まだ開けてない、違うかも)
P1180157


  ということで、賞状はもらえませんでした。


  賞品のビールやカステラは店で売っている。しかし、賞状は売ってない。

欲しい名誉!think


  またしても、中途半端な成績で幕は下りた。


  しかも、二歩


  この後、ヤケ酒bottleです。


  では、また。

|

« 宇部日報(第35回日報杯山口県名人戦)に棋譜が載るの巻 | トップページ | はじめての“0”点 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513655/62423361

この記事へのトラックバック一覧です: 第39回朝日アマ名人戦山口県予選に行ってきた!:

« 宇部日報(第35回日報杯山口県名人戦)に棋譜が載るの巻 | トップページ | はじめての“0”点 »