« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年4月

惨敗!第11回竜虎戦に行ってきたの巻

  どーもです。cherryblossom


惨敗!第11回竜虎戦に行ってきたの巻



  初の九州遠征の将棋大会。今回はトーナメント方式の賞金の大会だ。

こういう賞金の出る大会は大抵全国から猛者がやってくる。

過去の平塚の七夕の大会もそうだった。1勝の敷居が非常に高い。

  そんなことを思いながら、棋友と共に小倉へ出発した。

【詳細はこちら。クリックすると大きくなります。】

第11回竜虎戦案内チラシ


≪会場はパークサイドビル≫

Photo

≪ごったがえす受付≫

Photo_2

  今回の参加人数は、S級40人、A級48人、新A級12人、B級52人、C級22人

合計174人との事。なぜか、B級が一番多い。(苦笑)

  新A級が狙い目だったのか!!!

  25分切れ負け。トーナメント方式で本戦1戦目で負けると一般戦へ。

ただし、本戦2戦目で負けるともう対局がないという辛い大会。

もちろん、一般戦も負けた時点で終了。


≪トロフィーと盾≫

01

02
03

≪S・A・新A級会場≫

 「開場で~す」と言われて、入ったのだが、途中で雰囲気が違っていたので、

よく確認したら、オレが入ってはいけないエリアだった。(・_・)エッ....?

Saa

≪こちらがB級会場≫

 ここがオレの戦場。人数の関係があってか別会場。しかも横も前も後ろも

狭すぎだった。sweat01 今回はB級が多すぎた。

B1
B2
 ●本戦第一局●

 20~30代の方。見たことない人だったので、九州の方かもしれない。

先手三間飛車VSオレ後手中飛車左美濃。

 早仕掛けで、オレの方から仕掛けるが、これが敗因。もっとじっくり戦型を

整えてから戦わなくてはならないのだが、悪い癖が出た。

 あっという間に敗勢になり、敗北。少しだけ感想戦をしたが、相手の読みの

深さに脱帽。優に四段はある見た。

 こういう方に勝たねば、真の“B級の達人”にはなれない。早くも賞金の夢は

遠のく。こうなったら、裏トーナメントで優勝して帰るしかない。

 で、次。

 ○一般戦第1局○

 20代の方。学生かもしれない。

先手居飛車穴熊VSオレ後手中飛車から石田流へチェンジ戦法。

 端や5筋を受けまくって、バラバラの陣形に。しかし、石田流の仕掛けが

炸裂し、優勢に。

 角で銀取りが受からない局面で相手がなんと二歩downwardleft

 勝ち。二歩がなくてもこの局面だったら、いけるところまで来ていた。

 よっし、調子ででてきたよ~。

 ●一般戦第2局●

 山口県の方で60代の人。

先手居飛車穴熊VSオレ後手中飛車美濃囲い。

 押したり、引いたりの中盤で若干の有利になっていた。

オレの持ち時間残り9分。相手は2分。相手は時間を使うタイプだ。いける。

  功守逆転して、受けまくっていたのだが、ここで悪魔のささやきが。

「攻めは守るなり」と一旦守りの手を止め、攻めに転じた。

  その為、寄せのきっかけを与えてしまった。相手は穴熊なので、なかなか

寄らない。

  そして、オレは即詰みに討ち取られてしまった。ボー然。

  相手の残り時間は29秒。オレは7分。

将棋に勝ちに行くのではなく、時間で勝ちに行かねばならなかったのに、

内容勝負、完全勝利を目指していったのが敗因で、受けまくって、時間稼ぎを

すれば楽勝だった。勝負に対する甘さがここで出た。


  今日は終わってしまったわ。weep

  あ~。


≪安食総子女流初段とツーショット≫

 どさくさに紛れ、写真をお願いした。

そしたら、他の方もワンサカ、「私も一緒に写真撮って下さい。」と何人も

押し寄せてしまった。男の考えることはみんな一緒。(*^m^)


P1150255
≪指導将棋の様子≫

 折角なので、指導将棋を申し込む。受付で早めに申し込んでよかった。

オレの対局の後、まだ30人くらいいると言っていた。盛況。

Photo_3

≪投了図≫

 感想戦の後なので、馬の位置がちょっと違う。

今回、あっさりと勝ってしまう。かなり甘めモードだった。本気だされたら、以前の

ようにボコボコにされてしまう。安食女流初段には100局以上教えてもらった

けど、平手で勝てたのはこれで4回目かな~。

 もう以前のように将棋会館のスーパーサロンには行けないので、今回

指せたのでうれしかった。ありがとうございました。♪(o ̄∇ ̄)/
Photo_4
≪深浦九段の指導対局≫

Photo_5

  やはり、大きい大会では勝てない。

  これからも精進の毎日。実戦よりも詰将棋、定跡を覚える。

ネット将棋はできるだけ控える、この方針でまた来週、竜王戦でお会いしましょう!

  では、また。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »