« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

サクッと指した24での対局。

  どーもです。golf


サクッと指した24での対局。


  対局のコメントはフラ盤の中に書いてみた。激指で1局1局大事に指すと

悪いところがイッパイ目につく。やはり、ダラダラと指していてはダメだと思う。

学校の勉強と一緒で、予習復習が大事。そんな風に思った今日この頃。

  では、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネット将棋をしながら聞く曲。

  どーもです。shadow


ネット将棋をしながら聞く曲。


  最近はちょっと勝負勘が戻ってきて、調子がよい。crown

先日も将棋ウォーズで9連勝、1敗、4連勝。

将棋倶楽部24では、レーティング点数1366。

1725勝 1587敗 勝率 521と貯金が138にもなった。

去年の今頃は確かマイナス50敗ぐらいで、勝率495ぐらいで、1000点前後。

  少し成長したかな~。

  最近、ネット将棋をしながら聞いているのが、この曲のシリーズ。

       The Omen  Music Video (Jerry Goldsmith)




  今、悪魔の子ダミアンの力を借りて、勝ちまくっている。(笑)

ジェリー・ゴールドスミスの曲は名曲が多い。いい具合に気分が高揚し、

手が見えるようだ。

  ちなみにこの映画のシリーズも大好きで、何度も見返している。

噂ではこの曲は讃美歌を逆回転させ、アンチキリストを表しているそうで、

なかなか手が込んでいる。

  以下は有名な「ヨハネの黙示録」の一節。

この刻印のない者は、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または獣の名を指し示す数字のことである。

 ここに、大いなる知恵が必要となる。聡明な者は、獣の数字を読み解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。その数字は666である。

  このフレーズが読みたいが為に聖書を読んだっけ。

そんな思い出のある曲と映画。これを超えるホラー映画はなかなかでてこない。

ちなみに1と2はいいが3と4はかなり微妙・・・。


  とりあえず、今日24で指した対局。

 91手目▲6四歩を△同銀とせず、△6八銀と打ち、と金を作り、飛車を成る

方向で行けば、もっと早く決まっていたようだ。この時点では気付かず、

あとで気付いて指したけれど、危なかった。だいぶ相手をしてしまった為、

詰めろまであと一歩になっていた。

  ギリギリセーフ。中盤、角頭を攻められ、ボロボロになるところを救われた。

  これもきっと悪魔の子の力かもしれない。(*゚∀゚)=3 ムッハー!!


  では、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

集中力が増した日

  どーもです。good


集中力が増した日


  最近は、ネット将棋もしたりしなかったりで、前みたいにムキになることも

ない。


  なんせ、ここ一週間ぐらい5割を割る勝率でちょっと将棋に冷めていた。pen


しかし、今日は絶好調で、将棋ウォーズは9連勝でストップ。

将棋倶楽部24も9勝2敗と久しぶりの貯金を果たす。


  午後に24をしていた時に起こった出来事。

いつもYou Tubeでお気に入りの曲を聴きながら、指しているんだけど、

ふと気づいたら、曲が聴こえなくなっていた。すごい集中して指していたみたいだ。


  集中しようとして指していたわけではないのだが、自然と集中していた。

なぜか手がよく見えていた。たまにこんな日もある訳で、これが毎回できる

ようになるともっと勝率がUPするんだろうなと思いつつ、その中で負けた対局を

振り返ってみよう。

≪負けた対局≫



  敗因は93手目の▲7四角成。次の△8四金打ちをうっかり。

  ▲6三角成が正解で、あとは“と金”を作ってゆっくり行けば勝ちだった。


  10連勝がぶっ飛んで残念。(ρ_;)


  では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリギリ・セーフ!!!そしてアウト!!!

  どーもです。hotel


ギリギリ・セーフ!!!そしてアウト!!!


 相変わらず、勝ったり負けたり。勝率5割前後で進歩のない毎日。down

よく世の中はゼロサム社会なんて言うけれど、オレの勝敗はまさしくそう!


 時間切れでギリギリ勝ってラッキーだと思っていたら、その次に必勝の

将棋を落としてしまう。まさしく、勝敗のゼロサム将棋


≪ギリギリ・セーフ局≫


  最後、相手は1手詰めを逃し、時間切れ。loveletter


            今日はついていると思った。


≪これは絶対、温泉気分でおかしくなった対局≫




  こういう負け方をするとあとにひびく。あの角打ちで思考が狂った。

香車の田楽刺しがくるーーーーっと思って攻めに行ったのが、敗因。


                ゴーーーーン。


  では、また。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【訪問】河野通直の墓

  どーもです。cat


【訪問】河野通直の墓


  実は昨年の10月に調査へ行ったのだが、その頃はブログを書く気が

しなかったので、放置していたが、その後書く気になってきたので、そろそろ。


  その訪問記はまた別途書くとして、今回は河野通直の墓に特化して

書いておこう。

  現在、先祖の墓を探しているのだが、その中で見つけた本の解説が

以下の通り。光市の図書館にあった本の中からの抜粋。




            河野通直の墓

 周防公民館や周防小学校の所在地は、小周防盆地にやや突出した
小丘陵地でこのわずかな丘陵地に、藩政時代には紅葉院・慈眼院の
二ケ寺と熊毛代官所があったところで、小学校裏藪には高さ約1.9メートル
で三重の層塔の河野通直の墓石がある。
 河野氏の祖は越智姓で、伊予国河野郷(現北条市)に高縄城を築き、
河野姓を名乗った。
その後勢力を拡大し、建武の頃(1334)通盛の代には、湯築城(現松山市)
に移り、一族18家からなる大豪族で、伊予国守護職となり、正平9年(1354)
には周防国守護職にもなった。
 通盛の子通遠は周防国の玖珂・熊毛・大島三郡を領し、
応永年間(1394~1427)には、小周防の内勝間村一ノ宮八幡宮を
建立したとされている。それに因み、小周防近辺に土着し、ある者は
守田姓を名乗り、また後には毛利氏に仕え、小周防近辺に給地を
もつ者もあった。
 河野氏の隆盛は、戦国時代の変遷の末、天正13年(1585)湯築城は
豊臣秀吉の四国征伐の大軍に包囲され、多くの武将たちは離反し
孤立無援となった。城主通直は、婚姻友好関係のあった征討軍の
小早川隆景の降伏の勧めに従い、伊予国の全領を明け渡し、
隆景に従属した。
 通直は元来病弱であったため、隆景の領地安芸国竹原(現竹原市)で
療養していたが、天正15年34才で没し、伊予国の河野氏は滅亡した。
隆景は通直の霊を弔うため竹原に長生寺を建立し、小周防近辺の河野氏
と血縁の守田氏は、異郷の地で果てた通直を哀れみ、既存の東光寺を
菩提寺として、法名の紅葉院殿前予州大守一叟宗泉大居士に因み、
寺号を紅葉院と改め、墓石を建てて弔った。

 このお墓は、“光市立周防小学校”の1角にある。


≪光市立周防小学校≫
光市立周防小学校
≪史蹟≫

P1130131

≪小学校の周りはのどかな田園地帯≫

P1130138

≪お墓の数々≫

P1130142
P1130143_2
P1130144
P1130145
P1130146
P1130147
P1130148
P1130149
P1130150
P1130151
P1130152
P1130153_2
P1130154
P1130155
P1130156
≪河野通直の供養塔・墓≫
P1130157

P1130158
P1130159
P1130160
P1130161
P1130162
P1130163
P1130164
P1130165
P1130166
P1130167
P1130168

P1130169
P1130170
P1130171
P1130172
P1130173
P1130174

  お墓は見ての通り、荒れ放題。残念なことです。

以前、橋本さんという方のブログには近隣の守田さんという方が

定期的に清掃をしているとのことでしたが、最近ではその形跡は

あまりないようです。

  あと、この近隣には守田姓の方が多かったので、先ほどの本の裏付けに

なるものでした。河野姓は見かけませんでした。


  お墓を調べましたが、河野姓のものはなく、私の5代前の先祖の

河野幸吉につながるものはありませんでした。


Map01


  先日、地図を調べていて気づいたのだが、祖父の生まれた家の

近くに観音寺というのがあった。ネットで色々調べたが、詳細な情報は

なく、不明。ここを訪れた方が石仏がたくさんあると書いてあったので、

きっとお墓もあるにちがいない。

  時間を作って訪ねてみよう。

  では、また。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

強い人が実践していること

  どーもです。signaler


強い人が実践していること


 よく将棋の大会に出るのだが、そこでA級で出場し、かつ好成績を

残している人たちの共通項があった。


 1. “将棋世界”を熟読していること。最新号がボロボロになるまで読んでいる。

 2. “詰将棋サロン”を必ず解いていること。

 3. プロの棋譜を必ず並べていること。



  などなどである。この辺りのクラスでは当たり前なんだろうが、

オレはこの一つもしていない。


  一. “将棋世界”はたまにしか買わない。こっそり本屋に置いても

     バレないぐらいキレイ!

  二. “詰将棋サロン”は難しくて、過去20年間でたぶん2問くらいしか

     解いたことがない。

  三. プロの棋譜は並べたことがない。棋譜をみて、チャチャっと頭に

     浮かべるぐらい。なので、2日くらいするとすっかり忘れている。



  これが勉強の差。力の差の根源なんでしょう。


  と思って、将棋世界を最初っから読んでいるんだが、結構眠い・・・。sleepy




  最近、将棋ウォーズで連敗しまくっていたんだが、めずらしく対穴熊戦で

快勝したので、棋譜を載せてみよう。ちょっと寄せがもたついたかな!?




≪本日の3局目≫




  では、また。




 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下関の「白崎王座戦」に出場の巻

  どーもです。cloud


下関の「白崎王座戦」に出場の巻


  先日の忘年会時に片山氏から、王喜の将棋大会に誘われ、参加することに。

宇部からだとちょっと遠いので、片山氏の車でGO!car


≪下関市立王喜公民館≫

  初めての場所。でもなんだかアットホームな公民館。happy01
Photo


≪将棋同好会の案内≫

  自家用車があれば、通えるのだが・・・、聞くところによるとバスや電車では

行きにくいとの事。

Photo_2
≪壁に貼られた手書きの幕≫

  手作り感満載で、ほほえましい。(*^-^)

Photo_3
≪トロフィーと賞品≫

P1140618
≪大会の様子≫

1

2

  参加費1000円で、スイス方式で5局対局。25分切れ負け。

弁当付。14人で争うこととなった。

毎年3回されているそうで、事前申し込みのようです。


  さて、大会の結果は、3勝2敗。


●1局目●


  相手は年配のおじいちゃん。なかなかどうして、終盤が厳しい。

相変わらず、中盤でミス多発してしまい、一方的な展開に。

いいとこなしで敗戦。最近、人と指してないので、感覚が早指しモードになって

おり、ミスをしてしまう。もっとじっくり考えねばと思いながら、パッと指してしまう。

  よくない。(ノ∀`) アチャー

○2局目○

  こちらは最初から優勢を築き、圧勝。

●3局目●

  強い小学生のO君。過去1勝1敗なのだが、正直あんまり勝てる気がしない。

序盤早々1歩をかすめとることができ、優勢に。しかし、徐々に押され気味に

なるが、押し返して優勢になった。しかし、馬の引き場所を間違え、さらに

銀ポロ(銀をタダで取られる)であっという間に負け・・・。

  勝てるチャンスが何度もあったにも関わらず、勝ちきれず、ポカ多発で

負け。(´;ω;`)ウウ・・・

≪3局目の残骸≫
P1140611

○4局目○

  ここは開き直って、速攻を仕掛け炸裂。全駒の勢いで勝ち。

○5局目○

  居飛車穴熊VSオレ中飛車。

  玉と反対側の端攻めがなぜか成功し、ボロ勝ち。

と金攻めは気持ちいい~。快勝。



≪お昼の“のり弁”≫

  なぜかセブンイレブンの帯がついている。最近のセブンイレブンはこんなことも

してくれるらしい。

Photo_4
≪リーグ結果表≫

  一番右に順位があるのだが、写ってなかった。見落としたわ。


ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


            順位は5位。


                 3勝2敗ではいけません。

Photo_5

≪特別賞と参加賞≫

  取りあえず、GETした賞品を持ち、パシャリと一枚。

Photo_6
≪特別賞の湯飲み≫

  九谷焼(谷川九段の“想”)  くじで当たってラッキー!!!

Photo_7
≪参加賞≫

  讃岐うどんでした。形から、羊羹だと思ってたけど違った。
Photo_8
   大会になるとある種のギスギス感があったり、緊張感があったりするんですが

みなさんお知り合いのようで、家庭的な雰囲気のある大会でした。

   参加費の割には豪華な賞品でうれしかったです。また次回参加しようと

思っています。

   では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »