« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

第51回赤旗全国将棋大会・下関地区大会に出場するの巻

  どーもです。rain

第51回赤旗全国将棋大会・下関地区大会に出場するの巻


  久しぶりに山口県将棋掲示板を見て、大会のチェックをしてたら、

大会が下関であるのを発見。行動範囲内なので、出場することに。


今日もあいにくの雨rainで、びしょびしょに。


<会場の下関市勤労福祉会館>

Photo

  車がないので、バスで行ったが、ちょっと不便なとこだった。

Photo_2

<大会の様子>

★下関地区大会

*参加資格は山口県在住のアマチュアであること
日 時:平成26年8月24日(日)午前10時開始
会 場:「下関市勤労福祉会館」下関市幸町
参加費:1,500円(弁当不要の人は1,000円)
※参加希望者は電話で事前予約して頂くと大変助かります(弁当 有or無)
その他:A級優勝者は10/12県大会へ出場

1

2

  今回オレはB級で出場することにしたのだが、知人からブーイングを

くらってしまうハプニングがあった。山口に帰ってから、なぜだか周りから

A級で出ろと言われて、A級で出場してたが、いつもボコボコ。

この辺りで本来の“B級の達人”を目指すべく、心を鬼にして(?)B級へ出場。


  一応、囲碁将棋大会だったが、下関は囲碁人口が少なく、数名しか

参加がなく、囲碁大会は中止へ。将棋大会オンリーになってしまいました。(笑)


  大会の人数はA級で8名、B級で11名の計19名。

持ち時間は30分切れ負け。

まず最初に、A、B級2組ずつに分け、その中で総当たりリーグ、上位2名ずつ

で決勝トーナメントを行い、優勝者を決める方式だった。


  結果はというとリーグ戦は5戦全勝。

<B級A組のリーグ表>

Ba

  5戦とも全局中飛車。危なげなく、勝てた。ブッチギリでいい気分で

だったが、次の対局までなんと2時間半待ちになってしまい、ダレてしまう。


Bb

  もう一つ別の組で2位の2勝2敗が3人いるという椿事で、さらに時間が

かかることに。でも、結局、あみだくじで決勝トーナメントの出場者が決まる

というユニークな展開になった。この組の人たちはみんな知り合いみたいで

すんなり決まった。


  それで結果は以下の通り。

B

【準決勝の間違えた局面】

20140824

    ここで▲7五歩と突き、△3一角と引かれたところ。この後、▲7八飛と

回った手が悪手。△6四角と王のコビンを狙われ、さらに間違える。

▲4八金上としてしまい、△4五銀とぶつけられ、自陣は崩壊。

▲7八飛ではなく、▲6六角でよく、その後、▲3七桂と跳ねなければいけな

かったようだ。


【取りあえず、賞状はGETしました。】
P1140168

【賞品のキャベツとインスタントコーヒー】

Photo

Photo_2


  ちょうど17時頃また大雨が降り始めた。バスは目的の新下関駅行きが

やってこないので、取りあえず来た“市民病院”行きのバスに乗ったら、

市民病院が終点だった・・・。仕方のないのでタクシーで駅まで行ったのだか、

2,310円かかってしまうという失態を犯してしまった。


  中途半端なうれしさとやりきれない無駄なタクシー代のことを思うと

複雑な一日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

33年ぶりに常盤海水浴場に行ってみた。

 どーもです。sun


33年ぶりに常盤海水浴場に行ってみた。



  8月に入って、山口は雨ばかり。梅雨かと思うぐらい、雨、雨、雨。rain

そんな隙間を縫って、晴れの日にチャリンコbicycleでブラブラとしてみた。


【常盤公園の入り口】

  久しぶりにこの建物を生でみた。eye

P1140047


【飛び上り地蔵尊・看板】

  大抵、お地蔵さんっていうのは、謂れがあり、それを読むのが楽しい。

なんでも江戸時代よりあり、一時、首や胴が行方不明だったらしいが、

昭和3年に近くの松林で首を発見し、胴体を作り、祭ったものらしい。

飛び上り地蔵尊・看板

【飛び上り地蔵尊・全体像】
P1140050

【飛び上り地蔵尊・右側】

P1140057


【飛び上り地蔵尊・左側】

P1140060


  その後、紆余曲折しながら、常盤海水浴場waveへ。

本当は、海の家でアイスコーヒーでも飲みながら、本でも読もうと思っていた。

しかし、この光景は一体・・・。海の家はなく、アパートばかり。

しかも、海水浴客はだれ一人いない。


  そうなのだ。山口宇部空港ができたせいで、中止になったものと判断。
P1140079

P1140082


  しかたなく、この建物でジュースを飲みながら一服。ι(´Д`υ)アセアセ

P1140091

  ここで休憩してたら、轟音が海の向こうからしてきたので、空港へ

カメラを向けて準備してると、いい感じでJALの飛行機airplaneが飛んできました。










P1140115

P1140090


   久しぶりに訪ねてみると変わっていることがたくさんある。

時間が経つというのはいいこともあるし、悪いこともある。そんなことを

想いながら、ずーーーーっと海を見ていた一日だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブト虫たちの宴

  どーもです。eye


カブト虫たちの宴


  最近また、カブトムシを夜こっそり、N山へ取りに行くオレ。

ヘッドライト、ペンダントライト、網、虫かごを身に着けて、深夜にチャリンコbicycle

ぶっとばし、蚊や蜂、時には蛇と格闘しながら、カブトムシを捕獲する。restaurant


  先日の戦果はこちら。








    気がつけば、オス7匹、メス3匹の合計10匹。


  このケースだとちょっと多い。今年は雨rainが多いので、あまりいない。


暑~いsun日が一週間ぐらい続いた後が狙い目。しかも午前0時頃。


でも、その時間のオレはオネンネsleepy してるので、無理。


  まぁいいです。こんな感じで楽しんでます。wink


  では、また。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇部日報に第34回宇部日報杯名人戦の棋譜が載る,その6

   どーもです。scissors


宇部日報に第34回宇部日報杯名人戦の棋譜が載る,その6


<第6譜>

201408026


  この辺では勝ちを意識して指していた。ただ、一手間に合うと△3九桂成

が厳しく、この手が入ると完全に負けなので、手順に飛車、桂馬をどっかで

取って安全に行きたいとも思っていた。

  二枚の角がうまく相手玉を睨む形になり、最後は戦意喪失させる手で

投了を勝ち取った。(。・w・。 )



  二転三転した将棋だったが、次の対局も勝ち、調子こいたところで

あえなく負かされ、親睦戦へ突入したのであった。(ノ∀`) アチャー


  取りあえず、終わり。end

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇部日報に第34回宇部日報杯名人戦の棋譜が載る,その5

   どーもです。upwardright


宇部日報に第34回宇部日報杯名人戦の棋譜が載る,その5



<第5譜>


201408015

  この局面で実はどーしようかと。確かに▲6四銀は読んでいたのだが、

△7四金で拠点の歩を取られてダメだと思っていた。ここで、▲7三歩で

いいのか。しまった。△5七桂不成で▲3九金△7八飛で負けを覚悟。

次に△4七桂打ちでジ・エンドと思っていた。end

  しかし、なかなか打たないので気づいてないなと思い、ヤケクソで

▲4一角。しかし、解説にある通り、▲5八歩△同飛成▲4七角。


  こんな手順は思いもつかなかった。その後の解説にもある通り、

相手の飛車を取っても寄らないと感じていたので、銀と角が捌ける展開に

なり、俄然やる気がでていた。


  相手の△3五歩も伸びすぎで3五の地点に金を打たれて詰む筋が

なくなっていたのも、助かった原因。(*゚∀゚)=3 ムッハー!!


  でも、オレの読みは甘い~(p´□`q)゜o。。


                                   明日へ続く。soon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »