« 遊々将棋塾・小池裕喜指導棋士(角落ち)VS河野水軍(2011年12月3日) | トップページ | 将棋盤が実家から来ました。 »

遊々将棋塾・野田澤彩乃女流1級(角落ち)VS河野水軍(2011年12月10日)

  どーもです。present

遊々将棋塾・野田澤彩乃女流1級(角落ち)VS河野水軍(2011年12月10日)

  いつもの朝バイト終了後、着いたら、11時5分。

前回、上手入玉模様にされ、負け。行くべし。

 

彩乃への挑戦。   ■突撃!!!■

  最後はちょっとオマケしてもらいましたが、なんとか勝利。

もっと早い寄せがあったと思いますが、よくわかりませんでした。

相変わらず、寄せがヘタクソです。think

  でも、ドロドロの将棋もいいね!

|

« 遊々将棋塾・小池裕喜指導棋士(角落ち)VS河野水軍(2011年12月3日) | トップページ | 将棋盤が実家から来ました。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

キャプテンは、相手の力量に合わせて将棋の内容が変わるようだ。前回の小池五段戦とは別人が指しているかのような拙戦だった。

私は、このような斬った張ったという勝負を評価しない。プロに被れて、味だ含みだと気取っているのかもしれないが、余りに直接手が多く、我先の様に身勝手な動きであり過ぎた。将棋のとは、「相手の指したい手を、指させない」との考えから始まる気がするからだ。本局は、角落ちを頭に置いて、その当たりを観て見たい。

34手。▲4五歩。疑問の構想。
角落ちは、『位の将棋』と言われる。今上手が、△6五歩と指したところ、ここはこの位に働き掛けなければならなかった。私なら、直ちに▲6六歩と「合わせ歩で」この位を奪還したい。もう少し格調高く指せば、▲7七銀と上がっておくのもあるが、隙を見逃さずに、▲6六歩が元気のある手だ。
 △7三桂と応援を送っても、▲6五歩△同銀▲同銀△同桂▲5六銀△6二飛▲6六歩の要領で、桂得を目指す。
 勿論、△6六同歩だろうが、▲同金と中原を制すれば、自然勝ちが待っている。
居玉の今、▲4五歩以下の捌き合いは、意味に乏しい。況して、飛車が隠居では攻めになっていなかった。
 将棋の理想の勝ち方は、「闘って勝つのでは無く、勝ってから闘う」事と考える。

 48手目。▲4八飛。疑問の模様取り。
 44手目に▲7七桂と上がってから、ドタバタ感が加速した。▲8四歩△5二飛で、次の△5五銀を気にしての動きだろうが、何はともあれ▲6九玉と局面を落ち着かせたい。   それでも、△5三飛なら▲6五桂と攻めを牽制して、差支えが無い。

72手目。▲5七金。不満。
▲6八金引△4四歩の図が気に入らなかったのだろうが、ならば▲4四歩と勝負すべき。この金の取り合いは、下手が得と考える。
急所に、△6五歩・△5六歩と入れられたのでは、気合が悪い。そえでも、上手を歩切れにして、▲4四歩が打てそうなので、満足なのかも知れないが…。

 74手目。▲4七金。上記の意味で悪手。
▲4四歩を入れたいのなら、△5六歩に▲5八金の一手。飛車先に金が居ては重い。

82手目。▲3七角。今は終盤だ!!。
『角落ちは、角で勝て』と言う。現在の▲2六角のポテンシャルが最上。▲3七角は香得狙いの手で、序・中盤の感覚で、急所を外した。
普通に、▲5五桂で何の問題も無い。角のラインが飛車を捕捉している。

86手目。▲5五桂。手の流れに一貫性が無い。
直前の▲8三歩成の局面でも、▲5五桂は打てた。真逆、△同飛▲6四角の桃源郷を見た訳ではないと思うが…。この中盤の最後の忙しい局面で、▲8三歩成に利点を見出したとするなら、次の流れはほぼ▲8四としかない筈!。それを、▲5五桂では、夢を見ていたと言われても仕方が無いですヨ。
▲8四と△7六歩▲7四とと迫り、△7七歩成なら▲6三と△7八と▲6四との進行は、下手勝ちと考える。

96手目。▲5八歩。悪手。
形勢に差が有り、大事には至らなかったが、凌ぎに廻るなら、▲5八香で無ければならなかった。
『角落ちは、受けの将棋』とも言われる。肉は斬らせても、骨まで斬られては、逆転してしまう。戦力不足の上手を、最短で投了に追い込むのは、敵の駒を責める事。
「敵の打ちたい所」に、▲5八香と入れながら、△5六金の先手を許さない手だ。
△5三飛と足してくるなら、▲5四歩~▲5五歩と、連打の歩で完封してしまう。

132手目。▲7八玉。好手。
この局面、駒割は上手と下手が入れ替わって(下手の角損)いるが、こう早逃げして見ると、さっぱりした印象がある。
上手の角と九段目の成銀の効率の悪さがもたらす、イメージからだろうか。

135手目。△7一銀。無残。
上手の辛抱が足りない。▲4三桂成と急所の金を取られては、ハッキリ悪い。4筋に歩が利かないのだから、△4二金と引いて頑張りたい。

以下、入玉含みで、上部からの押さえ込みが決まった。この将棋は、決して上手が飴をくれた将棋ではないと思っている。綾乃女流が攻めに攻め、キャプテンが美味く凌いだ一局と考える。ただ、気になったのは、△5六歩▲5八歩のような利かされが、多く見られたことだ。
4~6筋に歩が立っていれば、もっと簡単だったはすだ。飛車を見切る実力があるのだから、渡金に迫られる間にモット有効な展開が合ったのではないかと思った。

投稿: 暢 志忘 | 2011年12月12日 (月) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513655/43344455

この記事へのトラックバック一覧です: 遊々将棋塾・野田澤彩乃女流1級(角落ち)VS河野水軍(2011年12月10日):

« 遊々将棋塾・小池裕喜指導棋士(角落ち)VS河野水軍(2011年12月3日) | トップページ | 将棋盤が実家から来ました。 »