« 女流棋士スーパーサロン(10/7/27)・安食総子女流初段(角落ち)VS河野水軍 | トップページ | 遊々将棋塾(10/8/7)・上田初美女流二段(角落ち)VS河野水軍 »

将棋ソフトVSプロ棋士(2010年8月2日の産経新聞より)

  どーもです。faxto

将棋ソフトVSプロ棋士(2010年8月2日の産経新聞より)

  産経新聞に興味深い記事があったので、引用してみよう。

コンピューターと人間とのゲーム対局の歴史

1996年2月

【チェス】世界チャンピオンのガルリ・カスパロフ氏がIBMの

「ディープ・ブルー」を3勝1敗2分で下す

1997年5月

【チェス】IBMの「ディープ・ブルー」が世界チャンピオンのガルリ・カスパロフ氏

を2勝1敗3分けで下す

1997年8月

【オセロ】NECの「ロジステロ」が当時世界チャンピオンの村上健氏を

6番全勝で下す

2002年5月

【オセロ】「ロジステロ」が元日本チャンピオンの冨永健太氏を2番全勝で下す

2007年3月

【将棋】渡辺明竜王が「ボナンザ」との一番勝負を制す

2010年10月

【将棋】清水市代女流王将と複数ソフトの合議システムが対決

■「機械学習」で棋力アップ 合議制で大ポカ阻止めざす

 「プロ棋士並み」とされる将棋ソフトの連合チームが10月11日、清水市代・女流王将に挑戦する。情報処理学会(白鳥則郎会長)の「トッププロ棋士に勝つためのコンピュータ将棋プロジェクト」の一環で、日本将棋連盟(米長邦雄会長)が受けて立った。3年半ぶりとなるプロ棋士との“真剣勝負”で、コンピューターはどんな進化を見せるのか。(原田成樹)


 将棋ソフトは、棋士と同様に、序盤、中盤、終盤で3通りの頭脳が働く。定跡通りの指し手を目指す序盤と、「詰み」の可能性をしらみつぶしに検討する終盤は、膨大な記憶量と高速計算を誇るコンピューターが得意とするところ。課題は、的確な形勢判断を求められる中盤の強化だった。

 新風を吹き込んだのは、理論化学者の保木(ほき)邦仁さん(電気通信大特任助教)が開発し、2007年3月に渡辺明竜王に挑戦した「ボナンザ」だ。

 形勢判断では、駒の損得や配置などを数値化した多くの指標(パラメーター)を設定し、多次元関数をつくる。従来は、棋力の高い人間がつくった評価関数をコンピューターに教え込む手法が一般的だったが、棋力の低い保木さんは評価関数づくりを機械まかせにした。膨大なプロの棋譜から優勢に導く条件をコンピューターに学習させ、評価関数を進化させたのだ。

 渡辺竜王には敗れたものの「機械学習での強化に、ボナンザが成功しみんなが取り組み始めた」と、昨年の世界コンピューター選手権で優勝したGPS将棋チームの田中哲朗東京大准教授は語る。

 ■指標は1千倍に

 人間が評価関数を決める手法では、パラメーターはせいぜい数百個だったが、今年の選手権を制した「激指(げきさし)」では50万個。約1千倍と爆発的に増え、将棋ソフトの棋力はプロ棋士と肩を並べるまでになったとされる。

 激指を開発した北陸先端科学技術大学院大の鶴岡慶雅准教授によると、機械学習は機械翻訳や音声認識では一般的に使われ、人間が知識に基づいてプログラムを作る方が珍しいという。典型例は大手検索エンジンの入力サジェスト機能で、人間の作業ではとてもこなせないほど、流行言葉やスラング、顔文字などを貪欲(どんよく)に取り込んで変換に反映させている。

 ■大きな悪手防ぐ

 しかし、機械学習にも“落とし穴”はある。検索で突拍子もない項目が第一候補に出てきたりするのがその例だ。パラメーターが多すぎて原因をたどるのも難しく、部分的な修正は簡単ではない。

 今回の対局では、東京大の並列コンピューター上で4種類のソフトが合議制で指し手を決める。「文殊」と名付けられた合議システムを担当する電気通信大の伊藤毅志助教は、その狙いを「大きな悪手を防ぐため」と説明する。

 複数の予報の平均や多数決で決める手法は気象庁の長期予報でもとられ、コンピューターの判断ミスを防ぐテクニックとして期待されている。

 挑戦を受けた米長会長は「答えが一つしかない局面では、コンピューターは桁違いに正確で速いが、有力候補がいくつもあるような複合的な判断では人間の方が勝る。もちろん清水(女流王将)が勝つ」と語る。

 一方、情報処理学会のプロジェクトで副委員長を務める公立はこだて未来大の松原仁教授は「コンピューターが95%勝つ」と強気だ。プロジェクトの最終目標は竜王、名人に勝つこと。松原さんは「(現名人の)羽生善治さんにコンピューターが勝てば、機械学習と合議制の組み合わせで、人間の直観のような機能を持てたといえるかもしれない」という。プロ棋士との対局で有効性が実証されれば、乗り物の自動操縦や医療現場でも、機械学習と合議制の採用が進むかもしれない。

 対局は、東京都文京区の東京大本郷キャンパスで行われる。

  今回の対局は単独のソフトではなく、合議制によるソフト対決だ。

(ボナンザ、激指、GPS将棋、YSS) → 合議システム「文殊」

  ・序盤  →  体系化されているので、機械が有利。

  ・中盤  →  形勢判断・有力候補がが分かれるので、人間有利。

  ・終盤  →  詰みは一直線なので、機械が有利。

  たぶん、今までで最強のソフト。wrench

ここはやはり男性トッププロではないだろうか?

メンツを考えて清水市代女流王将にしたとしたら・・・。

  いつか人間がソフトに負ける日は来る。それはそれでいいと思うが、

一番最初に負けるのが嫌なのかなぁ~。

ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21) Book ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)

著者:保木 邦仁,渡辺 明
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 女流棋士スーパーサロン(10/7/27)・安食総子女流初段(角落ち)VS河野水軍 | トップページ | 遊々将棋塾(10/8/7)・上田初美女流二段(角落ち)VS河野水軍 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513655/36032810

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋ソフトVSプロ棋士(2010年8月2日の産経新聞より):

« 女流棋士スーパーサロン(10/7/27)・安食総子女流初段(角落ち)VS河野水軍 | トップページ | 遊々将棋塾(10/8/7)・上田初美女流二段(角落ち)VS河野水軍 »