« 遊々将棋塾(10/8/21)・武市三郎六段(角落ち)VS河野水軍 | トップページ | 遊々将棋塾(10/9/4)・北島忠雄六段(角落ち)VS河野水軍 »

遊々将棋塾(10/8/28)・村山慈明五段(角落ち)VS河野水軍

  どーもです。happy02

遊々将棋塾(10/8/28)・村山慈明五段(角落ち)VS河野水軍

  今日の詰将棋はこちら。

P1060011

  これは初手がわかれば、すぐ解けるもの。しかし、錯覚で詰ますことが

できなかった。9手詰。実戦にでてきそうな良問。

  今日のゲストは若手のホープ。村山慈明五段

かなり強いオーラfujiが出ていた。イケメンで、もててそうな感じだ。

表題:10/08/28遊々将棋塾
場所:東京将棋会館
手合割:角落ち 
下手:河野水軍
上手:村山慈明五段

「20100828.ki2」をダウンロード 

△6二銀    ▲7六歩    △8四歩    ▲7八銀    △4二玉    ▲5八金右
△3二玉    ▲5六歩    △5四歩    ▲4八銀    △5二金右  ▲6六歩
△5三銀    ▲6七金    △6四歩    ▲7七銀    △6二飛    ▲6八玉
△6五歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲6六歩    △6一飛    ▲7八玉
△2二銀    ▲7九角    △4二金上  ▲8八玉    △6四銀    ▲7八金
△9四歩    ▲3六歩    △9五歩    ▲3八飛    △4四歩    ▲4六歩
△4三金右  ▲4七銀    △7四歩    ▲3五歩

【第1図】

2010082840

*序盤で1本取った感じ。王頭を抑える。かなり優位になった。

△7三桂    ▲3六銀    △1四歩    ▲1六歩    △7五歩    ▲同 歩
△同 銀    ▲7六歩    △6四銀    ▲4五歩    △同 歩    ▲4八飛
△5三金上  ▲4五銀    △4四歩    ▲3六銀    △8五桂    ▲8六銀
△5五歩    ▲同 歩

【第2図】

2010082860

*同歩と取ったが、▲4六角か▲7五銀を考えていたが、▲8六銀を活用すれば、6筋は受かると判断。

△同 銀    ▲7五銀    △5六歩

【第3図】

2010082863

*この手ではなく、△7四歩とされたら、どうしようかと思っていた。▲同銀△6六銀▲6二歩△6七銀成▲同金で飛車が逃げる展開か?

▲5八歩    △3一銀

【第4図】

2010082865

*プロの手。壁銀を解消。落ち着いている。

▲4五歩    △同 歩    ▲同 銀    △4六歩

【第5図】

2010082869

*△4四歩と打てば、同じく、▲5六金からの精算するつもり。やはり、6筋を守らないと勝てない。

▲5六金    △同 銀    ▲同 銀    △9六歩

【第6図】

2010082873

*このタイミングで端攻め。プロの継続手は流れがある。

▲同 歩    △9七歩    ▲同 香    △同桂成    ▲同 玉    △8五金
▲4六角

【第7図】

2010082880

*村山五段「矢倉の受け方を知ってますね。」とコメント。この角出が逃げ道&馬作りで優位に。

△9六香    ▲8八玉    △9七歩    ▲6五桂

【第8図】

2010082884

*桂馬打ちで有利に。△7六金から6筋突破を防ぐためにはこの一手。この金は△5二金以外なら、どこに逃げても
*▲5二銀で決まる。△5二金なら、▲4四歩△同金▲5三銀と攻めが早くなるので、手抜きをする。

△9八歩成  ▲7七玉    △8九と    ▲7三角成  △7一香

【第9図】

2010082889

*痺れた手。▲8二角成だったか。

▲5三桂成  △同 金    ▲8三馬    △6三飛    ▲6五馬

【第10図】

2010082894

*終了の手。村山五段「▲8二馬であれば、勝ちでした。」
*次の3手一組の好手に全く気づいていなかった。
*ダメじゃん。

△同 飛    ▲同 銀    △5九角

【第11図】

2010082897

*終わった・・・。後は惰性で指す。

▲6七玉    △4八角成  ▲4六飛    △4七飛    ▲同 飛    △5五桂
▲7七玉    △4七桂成  ▲5一飛    △7五香    ▲5三飛成  △6九銀
▲6八金    △5八成桂  ▲4三金    △2二玉    ▲3四歩    △4一桂
▲3三歩成  △同桂左    ▲5二龍    △3二歩    ▲3四歩    △4七飛
▲5七歩    △6八成桂  ▲3三歩成  △同 桂    ▲同 金    △同 玉
▲2五桂    △2四玉    ▲3六桂    △2五玉    ▲2六金    △3四玉
▲3五歩    △3三玉

【投了図】

20100828135

まで135手で村山慈明五段の勝ち`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

  王手飛車に気づかないようではいかん。

  あぁ~恥ずかしい。しかし序盤で、序盤の巧者;村山五段

リードしたのはちょっとだけ慰め。

  中盤力。そして、よく見る・・・。この対局は一手で終わった・・・。

  処置なし。今日のオレは ショッカーの怪人 なのさ。(泣)sweat02

【ZIPPO/ジッポライター】仮面ライダージッポーライター 仮面ライダーVSショッカー ショッカーベルト 【ZIPPO/ジッポライター】仮面ライダージッポーライター 仮面ライダーVSショッカー ショッカーベルト
販売元:びっくり!house
びっくり!houseで詳細を確認する

|

« 遊々将棋塾(10/8/21)・武市三郎六段(角落ち)VS河野水軍 | トップページ | 遊々将棋塾(10/9/4)・北島忠雄六段(角落ち)VS河野水軍 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。おのです。
お昼の時はどうもでした。
早速ブログ拝見させていただきました。

いけるいさんのブログを、
さきほど拝見してきましたが、
河野水軍さんのも負けず劣らず
すごい熱心ですね。

私は基本的に
マリカ先生が来られる日の午後ならば
ほぼ確実に(笑)遊々に出席していますので、
またお会いした際はよろしくです☆

投稿: おの@ゆーゆー | 2010年8月28日 (土) 23時18分

詰将棋は、午後とは違う問題でした。
・・・で、解けました☆

解答手順を載せてもよろしいでしょうか?

投稿: おの@ゆーゆー | 2010年8月28日 (土) 23時35分

  おの@ゆーゆーさん

 こんばんは。コメントありがとうございます。

解答手順いいですよ。

今度、是非、1局お願い致します。

 また、お会いしましょう。

投稿: 河野水軍 | 2010年8月29日 (日) 00時08分

河野水軍さん、こんばんは。

今日は、とある団体戦に参加してきました。
・・・個人としては結果は4局4連敗でした。
この団体戦、飯尾さんも参加しています。
(別チームですが)
飯尾さんは2局指した時点で2連勝とか。
さすがでした。

では、解答手順を。

▲33金△同桂▲31角△12玉▲13歩
△21玉▲42角成△22玉▲31馬。
・・・いかがでしょう?

機会ございましたら、
こちらこそご指導のほどお願い致します。

投稿: おの@ゆーゆー | 2010年8月29日 (日) 22時34分

        「疑 問 譜」

 角落ちは、常々、序盤が勝負と思って鑑賞している。本局は、水軍さんが、序盤の作戦勝ちを収めたヤに感想を述べていたが、その場面を干渉してみよう。

 第1図までの指し手。居飛車で対抗する場合は、下手が無事に矢倉に入城できるかが鍵。極論すれば、それだけで、形勢優位(優勢の一歩手前の感じ)といえる。そのための工夫として、①飛車先を急がない。②早囲いを試みる。この辺り、水軍さんの序盤作戦が段々と練れてきている感じを覚えた。もし、町の二段氏がこのコメントを読んでいたら、かなり参考に成るはずだから、暗記していただきたいくらいだ。
 しかし、▲3六歩△9五歩と続く流れで、▲3八飛は疑問ではないだろうか。水軍さんは、▲3五歩~▲3六銀型を得た事で、作戦勝ちを主張する。ならば、ここは直ちに▲3五歩ではなかったか。更に、▲3八飛は大した活躍もしないまま、次譜で▲4八飛と転戦してしまう。3筋の位を確保する必要が有るのなら、角の力で十分に確保できたし、銀の進出だって、間に合っていたのに▲3八飛と指したのは、△3四歩と指してもらい、▲3五歩と1歩交換するという邪な気分でいたのではないか。 それは、自分の研究手(▲3八飛戦法)を試したい気持ちもあっただろう。だだし、多面指しとはいえ、プロと角落ちで指すというのは凄い事なのだ。負けても楽しみと言う御仁になら、何も言わないが、本気の水軍さんなら、ココを自覚して、将棋を創造する意気を示してもらいたい。作戦勝ち狙って、断固▲3五歩と道の世界へ飛び込んで欲しかった。
 そして、▲3六銀から、手損無しで▲4八飛と4筋に一直線に回ったならば、『見事な作戦勝ち』と共に喜べただろう。

 第2図から第3図までの指し手。1図の終わりで、▲3五歩と急所の位を取ったのだから、手の調子は▲3六銀で間違いない。と言うのでは、将棋を創造する眼は養えな。上手は、△7三桂と跳ね出してしまっており、次に指す手は攻めの手しか残っていない(1筋は互いに突ける)。だから、この瞬間の▲3六銀は一瞬にしても、重い手には映らないか。
 小子なら、▲5七角と6筋を予め補強して待つ。
何時も苦戦している、△6五歩・△5五歩の揺さ振りも、▲4六歩・▲4七銀の型が角頭を保護しているので、防御力は格段の差だ。
 その意味でも、△5五歩▲同歩は危険。「▲7五銀で受かる」は、事実誤認で、確かに6筋は、一瞬駒数は足りているが、銀がいなくなった負の連鎖で、7筋・9筋に火の手が上がりそうではないか!。着手小局。着眼大局。

 しかし、中盤以降、上手のクリンチにも誤らず、お説のとおり、△8ニ角成なら確かに下手優勢には違いない。角落ちの上手は、可也旨くいった様でも、凌がれれば攻め側とて容易ではない。 受けに自信の有る水軍さんらしい指し回しと感心する。以下、個々には、様々有るが、序盤を語るのが趣向なので、ここで終わる。
 

 

投稿: 暢 志忘 | 2010年8月31日 (火) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513655/36413147

この記事へのトラックバック一覧です: 遊々将棋塾(10/8/28)・村山慈明五段(角落ち)VS河野水軍:

« 遊々将棋塾(10/8/21)・武市三郎六段(角落ち)VS河野水軍 | トップページ | 遊々将棋塾(10/9/4)・北島忠雄六段(角落ち)VS河野水軍 »